~向上心・克己心・好奇心~
現状に甘んじることなく、
より高みを目指し、
自身の感情や欲望に流されることなく、
新しいことや未知のものに興味を持ち挑戦していきましょう。

昨年度、我々加古川商工会議所青年部(以下加古川YEG)は創立25周年を迎え、また先輩諸兄からの十年来の想いを受け継ぎ、日本YEG三大事業の一つである日本商工会議所青年部 第34回全国会長研修会 播磨悠久の流れ かこがわ会議を主管し、成功裏に終えることができました。
これは加古川YEGメンバーが、汗を流して準備を進めてきたことと、25年という長い年月の中で培ってきた加古川YEGの結束力、そして大会誘致や開催のために尽力していただいた先輩諸兄・関係していただいた方々の努力と想いのおかげであったと思います。まさに昨年度は我々にとって集大成の年でありました。

さて、大きな事業を終えた後、本年度我々の進むべき道はどうあるべきか?
今後、加古川YEGが30年、40年、50年と継続し発展していくためには、組織の地盤を固めるとともに、新たな目標を見いだす必要があると考えます。25年という節目で終わり再スタートするのではなく、25年の歴史の上に26年目、27年目へと積み上げていく活動にしていきます。
YEG設立の目的に「次代の地域経済を担う若手経営者・後継者の相互研鑽の場として、また、青年経済人として資質の向上と会員相互の交流を通じて、企業の発展と豊かな地域経済社会を築く」とあります。まさにこの目的こそが、我々を突き動かす原動力ではないでしょうか。
我々メンバーは、会社の規模も違えば、互いの年齢も職業も役職も違います。また自身が抱える悩みや自社が抱える悩みも人脈、資金力、開発力、営業力、人材などさまざまな違いがあります。しかし、その違いこそが互いを刺激しあい、互いに切磋琢磨する力になると考えます。一つ一つの事業・活動をともに創り上げ、ともに行動することでお互いを知り、信頼関係が芽生えると、自ずとビジネスにも広がりが生まれてきます。次代の地域経済社会を支えるリーダーとして研鑽を積み、自身の能力を高め、自社の発展、地域の活性化に繋げていきましょう。
また一連のYEG活動を通じて、より一層のメンバー間の交流を深めていきましょう。日頃、我々が仕事に打ち込み、YEG活動ができるのも、支えてくれる家族があり、会社があり、地域があるからです。感謝の心を忘れず活動し、より強固な結束力を築きあげましょう。加古川YEGだからできること、加古川YEGにしかできないことを模索しながら、共に進んでいきましょう。

詳細へ

Believe everyone's power
~YEG(われら)を信じ成し遂げよう~

人口急減・超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対し、政府においては地方創生という取り組みが始まりました。地方が自ら考え、責任を持って戦略を推進することが必要となり、地方の中小企業もその実施主体として重要な役割を担うことになったのです。このような時だからこそ、『地域を愛し、日本を愛する』と宣言している商工会議所青年部(以下「YEG」)は自社企業の発展を原点に、その先にある地域社会への貢献を考え情熱をもって行動し、青年経済人としての自己実現を図ることが一層求められるのではないでしょうか。
我々がするべきことは何か。加古川YEGのメンバーは各々が商売人であることを自覚し、「儲ける」ということをまずは考えるべきではないでしょうか。
「儲ける」という漢字は分解すると信じる者になります。事業や商売を続けるためには、まず自分の事業の意義を信じ、商売の可能性を信じ、喜んでくれるお客様の存在を信じ、従業員を信じ、地域を信じる。そしてまた、自らも「信じられる者」になり信頼を得ること、このことはビジネスにおいてもっとも重要な要素であります。
「儲ける」ことで存続し続ける企業となり、豊かな地域経済社会を築くことは我々の義務であり、そのことは真に地域が繁栄していくためのリーダーづくりを目指しているYEGの目的でもあるのです。
そこで今年度のスローガンは「Believe everyone's power」みんなの力を信じてとして、メンバーの信頼を生み出す機会を多く作り活動します。
研修活動においては相互啓発などにより自己の能力や魅力を高め、自社の利益に発展するように繋げていきます。交流活動ではメンバー間の親睦を深めることで互いを知り、語り合うことで更なる信頼関係を築いていきます。また、メンバー各自に責任と役割を与え、様々な活動に対する積極的な参加を促すことにより、信頼し合える組織を目指します。地域や行政との関わりにおいては、交流や連携を通して、メンバーが地域を信じ・地域から信用されるような取り組みを行なっていきます。
これら全ての活動を通してメンバー同士の信頼関係をより強固なものにし、その築き上げた力で加古川を盛り上げていくことができると私は信じています。
加古川YEGは25周年という大きな節目を迎えます。先輩諸兄の伝統を受け継ぎ、多大な功績に感謝すると共に、今度は我々が次代へとその伝統を繋いでいくのです。
そしてこの大切な節目に、先輩諸兄の思いがこもった全国会長研修会が、いよいよ加古川で開催されます。日本YEG三大事業の一つとして、全国から代表である各単会(会長)が大勢集い、YEGの発展、全国の地域経済の発展のために開催される重要な事業であります。全国から加古川が注目されるこのチャンスに、加古川YEGの組織力を存分に発揮し、勇気と情熱をもってYEG(われら)を信じ成し遂げ、更なる加古川YEGの発展に繋げていきましょう
自分を信じ 仲間を信じ 志を高く 夢に挑む

詳細へ

1歩前へ(One step forward)
すべては加古川YEGより・・・・

今一度・・・・
「YEG」商工会議所青年部
若き企業家集団(Young Entrepreneurs Group)
「YEG」 (若さ、情熱、広い視野)を持った経営者
(Youth,Energy,Generalist)

加古川商工会議所青年部(加古川YEG)は平成3年に設立され、今日まで先達方の「強い志」と「熱き情熱」により地域社会の振興に連綿と寄与し続けてきました。本年度、我々加古川YEGは23年目を迎え、本会の向かうべき方向はどこなのか、メンバーとして今やるべき事は何なのか、そこに自分の志しがあるのか、相手の望むべきものは何なのか、常に自問自答を繰り返しながら、自分自身の資質を磨いていくことが必要であると考えます。

商工会議所青年部「指針」より
「豊かな郷土を築くために創意と工夫 勇気と情熱を傾けよう」

この一節には、この地域で生まれ育ち、愛する家庭を築き、商いをするものとして、「地域社会の繁栄」が、自社企業の発展と家族の幸せに繋がると考えます。経済人として、一社会人として、行政・企業・市民と交流し、また自己の「人間力」向上の研鑽に努めると共に、メンバー同士が、時には「泥臭さ」を互いにぶつけ合いながら、深い交流を構築させ、「志高く」加古川の明るい社会の創造を目指し邁進していきます。

結びに平成28年度全国会長研修会を主管するに際し、「加古川YEGの更なる成長」を目指すためメンバー全員が一丸となり、次なるステージへ進んでいきましょう。
「すべては加古川YEGより・・・・」、一人一人が一歩前に踏み出し、強い力で「驀(ばく)進」し我がまち加古川を盛上げていきましょう。

詳細へ

Let's Shake Hands!
「夢とビジョンで描こう未来を。」

加古川YEGは、会員相互の親睦と連携を密にし、企業経営者としての研鑽を積むことを第一の目的として活動していきます。

時代の変化に対応していかなければ勝ち続けられない経済市場においては、多くの厳しい壁があります。うまく乗り越えられない原因を「景気が悪い」「市場の減退」ということにしていないでしょうか。イメージで我々は判断していないか。思い込みや世間の概念にとらわれすぎていないか。真の青年経済人となるためには、具体的なデータや世の中の動きを知り未来を予測して、その課題と自分のポジションを常に明確にしておかなければなりません。
第一の競争相手はライバルではなく自分なのです。自分をしっかり見つめて知ること、そして自分自身を好きになり成長させることが大切です。「やるべきこと、できること」ばかりではなく、「やりたいこと」を実践することで、新しいイメージや仕組みづくりのヒントが生まれるのではないでしょうか。この時代を乗り越えるのではなく、変化を巻き起こす気概を持つことが青年経済人としての使命です。そのためには、個人の夢とビジョンで新たな価値を生み出さなければならないのです。
加古川YEGは高き志をもった同志が集う場所です。抽象的な夢を具体的な目標(ビジョン)にするために我々は集います。まず自らの心を開き、相手との距離感を無くしてお互いを受け入れることが大切だと考えます。そのための行動として「握手(shake hands)」を推奨します。握手をするとき、人は自然とお互いの目を見つめ笑顔になります。笑顔の積み重ねから楽しさは生まれます。楽しい気持ちで人が集まると良い知恵や発想の創造につながっていくと私は考えます。
今年度はメンバーが楽しく集える機会を多く作り活動します。より多くの仲間と出会い熱く語り合えることで得た知識や情報、人脈は貴重な財産となり、メンバーが切磋琢磨し、自らを磨くことで自己研鑽になるのではないでしょうか。自己の能力を高めることが、ひいては自社企業の発展となり、地域の活性化に繋がるのです。
平成28年度全国会長研修会の招致や商工祭加古川楽市、例会など全てのYEG活動において一致団結して苦楽を共にすることで信頼関係が築けるのです。メンバー全員が楽しい気持ちで自分を輝かせる喜びを知り、周りの仲間を輝かせて素晴らしい未来をつくること、そして地域のリーダーとして加古川を元気な街に輝かせていくことが使命であると考えます。

高き志を持った同志よ集え!
一生忘れられない出来事と出会いを胸に刻んで
かけがえのない時間の中で
仲間と共に本気で語ろう!

詳細へ

使命(Mission) 情熱(Passion) 行動(Action)
『1人は皆の為、皆は1人の為に』

加古川YEGの使命(Mission)とは
企業の発展と豊かな地域経済社会の形成の為に、会員相互に連携し、研鑚する事。
起業家精神をもって、今、成すべき事を思考し、行動(Action)に移す事と考えます。

平成24年、三大経済大国である日本、アメリカ、中国において、国の指導者が選び直され、今後の世界情勢に大きな影響を及ぼす年となりました。又、国内において、外交・安全保障、エネルギー政策、社会保障、震災復興など多くの問題を抱えています。
激変し続けている社会を乗り越えていくには、私たちYEGは、企業の発展と豊かな地域経済社会の形成の為に、使命(Mission)をもって、情熱(Passion)を燃やし、行動(Action)する事が重要です。
いつの時代も、混迷期の道を切り拓いてきたのは、燃えたぎる情熱(Passion)をもった青年です。
故郷を興し、自らの夢を叶える為に、今、勇気をもって、青年のみに与えられた特権、若き情熱(Passion)を奮い立たせる時なのです。

昭和27年6月、各商工業者の現実の声を代弁する商工業団体の再編が望まれ、加古川商工会議所が創立されました。
時を経て平成3年11月、加古川商工会議所青年部が設立されました。
それから今日まで22年間、私たち加古川YEGは、地元商工業の振興に連綿と寄与し続けてきました。脈々と流れる先達の志と情熱(Passion)を受け継ぎ、後世に繋げていかなければなりません。
そして本年、私たちは、日本YEGの新たなるステージに挑みます。皆の力を結集し、志と情熱(Passion)をもって、さらなる高みを目指します。まさに、三銃士出典の名言「1人は皆の為、皆は1人の為に」の想いで、私たちの愛する加古川、更には日本の為に、行動(Action)していきましょう。

受動的思考で、自分に何を与えてくれるかではなく、能動的に、自分に何が出来るかを考え、行動(Action)を起こします。
本物の友情と信頼関係は、情熱(Passion)をもって、語り合い、行動(Action)を起こし、苦楽を共にした時、生まれると確信します。
使命(Mission)と情熱(Passion)、行動(Action)で、明るい希望に満ちた活気のある企業家ネットワークとして、加古川YEGを発展させましょう。


今年度、加古川YEGは、三本柱の活動を重点に取り組みます。
先ずは、研修活動。私たち若手経営者が目指すは、環境に適応し企業を発展させる事。志と夢をもって将来に渡り事業を続けていく為に、困難に打ち克つ強い精神力を養わなければなりません。また、青年経済人にとって有益な知性と教養を習得し、若きリーダーとしての研鑽を積んでいかなければなりません。そして、若き情熱(Passion)、起業家精神が、YEGに広く伝播するよう努めていきます。
次に、交流活動。市民、行政、企業との交流の場を設け、地域社会の活性化に繋げます。私たちが事業を営む事が出来るのは、健全な地域社会のお蔭です。日頃お世話になっている家族、企業、地域市民への感謝のこころをカタチに表す事が大切です。また、地域の発展の為には、行政との連携も欠かせません。YEGと行政の連携は、お互いの立場を超えた意見交換や、胸襟を開いた交流から始まると考えます。更に、会員相互の懇親は、企業連携と地域経済社会形成の原点と言えます。若き情熱をもった同志と懇親を深め、横の繋がりを創っていきます。そして、加古川に生まれ住んでよかったと、皆が思えるよう、豊かで元気な故郷の未来を創造します。
最後に、組織力強化活動。より結束力の強い団体に発展する為に、「地域経済を担うリーダーとしての資質研鑽や意識高揚を図り、YEG組織の活性化や充実に資する」平成28年度全国会長研修会の招致を目標とし、本格的な体制づくりと会員の増強を図ります。そのプロセスにおいては、私たち自身が、成長発展する大きなチャンスになると確信します。また、会員数の拡大は、交流の幅と相互の見識を広める為にも、私たちにとって重要課題であると考えます。更に、総ての活動を有意義かつ円滑に行えるよう、情報共有を迅速化し、効率良く意思統一を図ります。

地域経済の活性化や企業の発展には、強いリーダーが必要です。
強いリーダーになるには、自らを磨かなければなりません。
自らの志を貫き、自己実現を図る為に研鑚するのです。
YEG活動により、人と人とで磨き合い、研鑚されていくのです。
さあ、勇気を出して、もう一歩踏み出し挑戦するのです。

親愛なる我が友よ、「1人は皆の為、皆は1人の為に」の想いで、総ての加古川YEGが一致団結し、Mission(使命) Passion(情熱) Action(行動)で、真のリーダーを目指し、私たちの街加古川の経済活性化に繋げて参りましょう!!

詳細へ

1 2 3 4