「出会いと感動」

  1. 自らの企業を発展させ地域貢献できる活動の実施
  2. 青年経済人としての自己実現
  3. 継続事業の再認識と更なる発展
  4. 商売繁盛に繋がるネットワーク作りの推進
  5. 県連事業や他単会事業への積極参加と協力
  6. 会員拡大と例会出席率向上の推進
昨今、バブル経済の崩壊以後長きにわたり低迷していた日本の経済も大企業を中心に業績の回復が見られますが、中小零細企業が大多数であるYEGにとって経済環境は依然として厳しい状況に置かれていると言えます。そんな中、我々YEGは確実に時代を読み取り、自分の頭で考え、自分の足で一歩一歩前進することが求められていると感じています。また、昨年度加古川YEGは設立十五周年という節目を迎え、心新たに設立時の諸先輩方の熱き思いと、これまで築き上げてきた伝統を引き継ぎ、十五周年記念式典にて発表させて頂いた「二十周年に向けての宣言文」を念頭におき、新たな第一歩としてスタートします。私たち地域を支える青年経済人として地域に認められ継続できる企業を目指します。各々の企業が繁盛した結果が地域社会への貢献に繋がり、地域経済への発展に結びつくと考えます。その為にも積極的にYEG事業へ参加して一人でも多くの仲間と出会い、YEGの大きな魅力である異業種交流を最大限に利用し、自分の商売や人生経験に活用します。また、常に前向きに挑戦する姿勢を崩すことなく、今何を求められているのかを認識し、いつでも実行に移せる勇気と行動力を養います。先ずは会の為だけに動くのではなく自分の為にも動くという姿勢で参加すれば、その結果が会の為になるという事だと考えます。参加しなくては何も始まりません、素晴らしい出会いと感動が人を変えていくのです。最後に我々企業の繁栄と、この地域の発展に役立つYEG活動をこれからも続けて、この一年を会員全員で思い出に残る意味のある素晴らしい年にしよう。

詳細へ

「志高く 熱き心で 夢に向かってチャレンジ! かこがわYEG!!」

  1. 地域、人、自身に活力を生む活動
  2. 情熱を傾ける活動
  3. ネットワークを活かした活動
IT化やグローバル化が進み、世の中の変化は「10年ひと昔」と言われていた頃から「3年ひと昔」いや1年で大きな変化をとげていく時代になりました。
そのような時代だから、我々自身、変化をどのように受け止め行動するかが重要だと考えます。
本年度、加古川商工会議所青年部は設立15年を迎えます。この間、近畿ブロック大会を経験し、それを機に開催を続けている加古川楽市。青年部のネットワークから誕生した山田錦泡盛「清流加宝」など対外的にも周知される事業も多く行なってきました。
そこでわれわれ青年部は3つの活動方針を掲げます。
  • 尊い理念を持ち、このまちや人と関わり、活力が生まれる活動をし、新たな経験を自身にもたらす。
  • さまざまな情報を取り入れ、十分な調査、研究をし、成功に向け情熱を持って突き進む活動をする。
  • 人と人、委員会と委員会、単会と単会などの対話を活用し、より良いネットワークを築く。そこから生まれる発見や発想の中から何かを創造する事のできる活動をする。
これら全ての実践を通じ、事業に参加する事で会社に活かせるヒントや新たなる創業に辿り着く活動にしたい。
変化の激しい時代だからこそ、次代へ向け志を高く持ち、熱い心で、夢に向かって、チャレンジしよう!

詳細へ

1 2 3 4