スローガン

温故創生
~創始の精神を学び更なる進化を!~

平成30年度会長
高浜 佳司

会長所信

商工会議所青年部とは、地域社会の健全な発展とリーダーとしての責任を自覚し、地域経済や文化の創造を持って、我が街・我が郷土を愛し率先して行動する会員の集合体だと考えています。
そこで我々加古川商工会議所青年部(以下加古川YEGと称す)は、原点に立ち返り、先輩諸兄が築いてこられた歴史や創始の精神を再認識すると共に、我々は何をすべきか?加古川YEGだから出来る事は何なのか? 自問自答しながら各事業を通して街の為に貢献していきたいと思います。
その為にも我々自身の組織の在り方や、運営方法について、会員全体での意識の共有と、より良い組織にするための努力をし、進化を続けて行きましょう。
また、加古川YEGの活動を広く発信し、地域に必要とされる団体を目指し、創意と工夫を重ねて行きましょう。
そして、行政や地域の他団体との協力関係を強化し、共に街の発展を考え行動する機会を作ると共に、YEG他単会や連合体との連携を密にし、会のスキルアップや同志との友情を深めて行きましょう。
私が加古川YEGに入会した大きな動機は、商工祭「加古川楽市」やこどもの夢かなえ隊などの事業です。「同世代の青年がこれだけ大きなイベントを開催できるんだ! 参加する側から仕掛ける側に回りたい」という想いから入会させていただきました。
街の発展は自身の企業の発展に繋がると信じ、大いに加古川を盛り上げて行こうではありませんか。
その為にも、商工祭「加古川楽市」を通じて、企業や店舗の紹介、我々の活動の方向性を示し、多くの方に加古川商工会議所・加古川YEGに触れていただきましょう。
また、加古川市民だけではなく、他市・他県の方々にも加古川の魅力を発信することも考えて行かなくてはなりません。
観光やイベントを通じて多くの方に加古川に来ていただく事も街の発展・経済の繁栄に繋がると考えます。
それも我々青年経済人の役目ではないでしょうか? まさしく勇気と情熱を傾けて行きましょう。
加古川YEGは現在100名を超える会員と共に活動しております。数は力ではございませんが、さらに多くの同志を募りましょう。その為には全会員が加古川YEGの営業マンとならなければなりません。
一人一人が加古川を愛しYEGを理解することで会員拡大へと繋げて行きましょう。
先輩諸兄の功績に感謝し、会員相互の友情と研鑽に努め、地域と共に歩むことで、次代に先駆ける青年経済人としての自覚と責任を果たせる強い加古川YEGを会員みんなで創っていきましょう。

実施計画

  1. 会議
    1. 通常総会:年に1回開催
    2. 臨時総会:必要に応じて開催
    3. 役員会:月に1回開催
    4. 三役会:案件に応じて随時開催
    5. 委員会:必要に応じて開催
    6. その他の会議:必要に応じて開催
  2. 事業
    1. 会員相互の親睦を図るための事業の実施
    2. 研修・講演会等の開催
    3. 地域振興に関する事業の実施
    4. 広報活動
    5. 他青年部、他団体との研修・交流
    6. 行政等が実施する事業への積極的な参加・協力
    7. その他関係諸事業の推進