事業計画

ADVANCE TOWARD THE NEXT STAGE
輝かせろ、自らを YEGが地域のリーダーとなる

我らが加古川商工会議所青年部(以下、加古川YEG)は昨年、OBの先輩方の功績はもとより、地域の皆様、行政の皆様、関係諸団体の皆様の多大な支えをいただきながら、設立20周年を迎えることができました。平成24年度は、名実ともに成熟した加古川YEGへと成長を始める第一歩であると考えます。
YEGとは、次代の地域経済を担う後継者の相互研鑽の場として、またリーダーたる青年経済人として、資質の向上と会員相互の交流を通じ、事業所の発展と豊かな地域経済社会を築くことを目的に設置されています。目的をしっかりと理解し、本会の向かうべき方向をしっかりと見据え、活動が自己満足に陥らないように目標を立て、活動を推進していきます。
加古川YEGのみならず、YEG会員を取り巻く環境は年を追うごとに厳しくなってきております。日本社会の経済環境が厳しくなっていることが原因の一つでもありますが、そのような状況でも利益を出し、社会や社員に還元している企業が存在していることも事実です。業績の悪さを景気のせいにするのは、"逃げ"でしかなく、景況の変化に対応し続けるのが経営者の努めであります。工夫するところはいくらでもあるのではないか、努力を怠っているのではないか、と常に自問すべきであると考えます。変化に対応する機動力を持っているのは中小企業であり、大企業の急旋回は大変難しいと言われています。今こそ、YEGの創意と工夫、勇気と情熱を以って果敢に挑戦していく時期なのです。
単年度制という不連続の繰り返しの中で、これまでの思いを継承するために本年度は、組織強化活動、研修活動、地域交流活動を軸に運営し、常に存在意義を問いながらより価値ある団体へと成長することを目指します。
100名近いメンバーを擁する加古川YEGにとって、更なる発展を遂げるためには、組織強化は必要不可欠です。会員拡大を推進するとともに、組織力を十分に活用するためには内部でも正確な情報の共有化、情報伝達の迅速化を図っていきます。
研修活動では、各事業所の商売繁盛の役に立つよう事業所内での「ヒトづくり」に活用でき、自己の人間力向上の一助となる研修事業を企画します。また、普段の活動の中にもリーダーたる青年経済人としての常識、振る舞いを学べるような環境作りに努めます。
さらに、地域交流活動において、YEGが地域の礎となるためには、行政、異業種、地域市民、他の地元事業所との交流を深めることは非常に意義があることです。加古川交流研究会、加古川楽市などを通して広く地元企業のPRを行なうとともに、地域あっての事業所、事業所の発展あっての地域活性に繋げていきます。
また、全国には402の単会、約27,000名のメンバーが共通の目的に向かって活動を展開しています。長年出向者を出し続けている単会として、他単会の活動・運動にアンテナを張り、学ぶところを速やかに吸収し、刺激を受け、加古川流にアレンジしていくことも有効であると考えます。情報の共有を図り、英知を集積するためにもより力強い連携と交流を持つ必要があります。もう一歩踏み込んだ交流を探求します。
数年来、青年経済人として、また、地域のリーダーたるべく、故きを温ね、新しきを知ることでChangeをChanceに変え、原点回帰し、創意工夫でドアを開けてきました。そして、今やらなければならないことはドアの向こう側にある次なるステージに向かって進んでいくことなのです。少しずつでもいいから確実に一歩一歩一緒に進んでいけるような一つの塊になれる筈です。
自分を磨き、輝かせ、仲間を光り輝かせる、そんな加古川YEGを実現したいものです。ダイヤモンドがダイヤモンドでしか磨けないように、「ヒト」は「ヒト」でしか磨けません。加古川YEGが何よりもいつまでも光り輝き続けられるようにみんなで手を携えて突き進みましょう。

詳細へ