私達は元気な街「加古川」の元気な青年経済人集団。若い力で地域の商工業に貢献します。

~向上心・克己心・好奇心~
現状に甘んじることなく、より高みを目指し、
自身の感情や欲望に流されることなく、
新しいことや未知のものに興味を持ち挑戦していきましょう。

昨年度、我々加古川商工会議所青年部(以下加古川YEG)は創立25周年を迎え、また先輩諸兄からの十年来の想いを受け継ぎ、日本YEG三大事業の一つである日本商工会議所青年部 第34回全国会長研修会 播磨悠久の流れ かこがわ会議を主管し、成功裏に終えることができました。
これは加古川YEGメンバーが、汗を流して準備を進めてきたことと、25年という長い年月の中で培ってきた加古川YEGの結束力、そして大会誘致や開催のために尽力していただいた先輩諸兄・関係していただいた方々の努力と想いのおかげであったと思います。まさに昨年度は我々にとって集大成の年でありました。

さて、大きな事業を終えた後、本年度我々の進むべき道はどうあるべきか?
今後、加古川YEGが30年、40年、50年と継続し発展していくためには、組織の地盤を固めるとともに、新たな目標を見いだす必要があると考えます。25年という節目で終わり再スタートするのではなく、25年の歴史の上に26年目、27年目へと積み上げていく活動にしていきます。
YEG設立の目的に「次代の地域経済を担う若手経営者・後継者の相互研鑽の場として、また、青年経済人として資質の向上と会員相互の交流を通じて、企業の発展と豊かな地域経済社会を築く」とあります。まさにこの目的こそが、我々を突き動かす原動力ではないでしょうか。
我々メンバーは、会社の規模も違えば、互いの年齢も職業も役職も違います。また自身が抱える悩みや自社が抱える悩みも人脈、資金力、開発力、営業力、人材などさまざまな違いがあります。しかし、その違いこそが互いを刺激しあい、互いに切磋琢磨する力になると考えます。一つ一つの事業・活動をともに創り上げ、ともに行動することでお互いを知り、信頼関係が芽生えると、自ずとビジネスにも広がりが生まれてきます。次代の地域経済社会を支えるリーダーとして研鑽を積み、自身の能力を高め、自社の発展、地域の活性化に繋げていきましょう。
また一連のYEG活動を通じて、より一層のメンバー間の交流を深めていきましょう。日頃、我々が仕事に打ち込み、YEG活動ができるのも、支えてくれる家族があり、会社があり、地域があるからです。感謝の心を忘れず活動し、より強固な結束力を築きあげましょう。加古川YEGだからできること、加古川YEGにしかできないことを模索しながら、共に進んでいきましょう。
詳細へ
YEG活動にメンバー自らが主体的に参加し責任を持って行動することで、お互いの信頼関係と組織の結束力を高め、YEG活動を活性化させることを目指します。
そのために、YEGの基盤となる組織的な活動の重要性をメンバーに伝え、委員会が率先して行動することにより、メンバーの積極的な参加と、適正かつ円滑な会務運営を実現します。また、YEG活動に多くの功績を残されてきたOB及びお世話になっている外部団体の方々に深く敬意を表し、更なるご理解とご協力を得られるように努めます。
その結果として、各メンバーの能力の向上と各々の企業の成長、ひいては地域経済社会の発展に繋げていきます。
詳細へ
青年部メンバー 一人ひとりが組織の一員であることを理解し、広く内外に情報発信することによって組織の地盤を固める活動の一助となる事を目指します。
そのためには、青年部メンバーを突き動かす原動力となる目的を再認識し、次代の地域経済社会を支えるリーダーとしての資質の向上に繋がる事業を行ないます。また、ビジネスコミュニケーションツールを効果的・効率的に活用し、ホームページでは例会などの事業を随時掲載し活気ある加古川YEGを広く伝播します。
その結果として、加古川YEGの魅力を伝え更なる会の発展へと繋いでいきます。
詳細へ
青年部メンバー 一人ひとりが積極的にお互いを知ることで、新たなビジネスチャンスの創出を目指します。
そのためには、会長のスローガンである<向上心・克己心・好奇心>を心に持って、新しい知識を学び、自己研鑽し、自社の発展へ繋げ、青年部全体でのビジネスを通して交流を深め合っていけるような活動を行います。
その結果として、加古川YEG全体がひとつとなり、各々の商売繁盛に繋げていきます。
詳細へ
加古川YEGメンバーがお互いのことを理解し、信頼しあい、感謝を表し、感動を共有できる場を創造します。
そのためには、共に活動したメンバー、支えてくれる家族、卒業される先輩方に感謝を表し、メンバー 一人ひとりが本音と本気で語り合い、自らが汗を流し率先して行動することで、より強固な結束力を生みだします。さらには5年後10年後の加古川YEGにとって何が必要かをしっかりと見出す活動を行ってまいります。
その結果として、自社の発展、地域経済への貢献、これからの加古川YEGの発展に繋げていきます。
詳細へ
メンバー 一人ひとりが、互いを刺激しあい、切磋琢磨することで自身の能力を高め、地域を支える次代のリーダーになることを目指します。
そのためには、YEGの基盤と精神を学び、組織を支える情報ネットワークを再認識すると共に、自己の成長につながる活動に責任と自覚を持って取り組み、メンバー同士が資質の向上を目指す研鑽の場を創出します。また、行政との交流においても、加古川だからできること、加古川にしかできないことを語り合い、新たな目標、新たな未来を探求していく場を提供します。
それらの活動を通して、メンバー全員が、より強固なYEGの結束力のもと、地域を支える次代のリーダーとなり、自社の発展、地域社会の更なる活性化に繋げて参ります。
詳細へ
地域経済社会の振興・発展の原動力となり、加古川のまちがより一層元気になる事業を推進します。
商工祭「加古川楽市」では、第15回の節目を迎えるにあたり、開催目的である商工業の活性化と市民・行政との融和を念頭におき、現状に甘んじることなく新しい取り組みに挑戦して参ります。
また、委員会が率先し行動することで、メンバー全員の意識を高め、個々の能力を出し合いメンバー全員が一丸となる委員会運営をし、自己研鑽・自己成長・自社発展に繋げて参ります。
詳細へ

ページの先頭へ